2015年11月29日小出裕章講演会

2015年11月29日
長野県松本市
会場 キッセイ文化ホール

<こちらでの予約受付は終了いたしました。>

午前の部
「エネルギー問題と社会」について小出裕章さんと学生の語る会
10:00〜12:00(開場9:30)キッセイ文化ホール第一会議室

午後の部
小出裕章講演会「余りに愚かな原発再稼働」
14:00〜16:30(開場13:30)キッセイ文化ホール中ホール

<こちらでの予約受付は終了いたしました。>

omote2

<こちらでの予約受付は終了いたしました。>

3・8つながろうフクシマ・ひろげよう脱原発

img150308

4年目の3・11行動~3・8原発再稼働反対!
―つながろうフクシマ・ひろげよう脱原発 in信州

長野県松本市 松本城公園
2015年3月8日 PM2時

長野県民のみなさん
福島県では今も13万人が故郷に帰ることができません。漏れ続ける汚染水、多発する子どもたちの甲状腺ガン、仮置きのままの除染土、強いられる被曝労働が拡大しています。さらに、政府・電力会社は着々と原発再稼動を企てています。

しかし、私たちはあきらめません。原発をなくすまで! 原発いらない!原発再稼働反対!の声をいっしょに、大きく発信しましょう。

主催:脱原発信州ネットワーク・松本
◇参加団体、市民(順不同)
・被災地への祈りと原発なくてもええじゃないか
・「サラバ原発・変えよう暮らし方」の会
・長野県教職員組合 ・松本協立病院
・さよなら原発1000万人アクション・松本
・原発ゼロ・自然エネルギーへの転換を求める長野県連絡会
ほか多数

◇賛同する団体・市民を募集中!

連絡・問合わせ先: 0263‐33‐8154 (西村)  090‐4628‐8549 (水谷)

3・8つながろうフクシマ・ひろげよう脱原発

4年目の3・11行動~3・8原発再稼働反対!
―つながろうフクシマ・ひろげよう脱原発 in信州

長野県松本市 松本城公園
2015年3月8日 PM2時

長野県民のみなさん
福島県では今も13万人が故郷に帰ることができません。漏れ続ける汚染水、多発する子どもたちの甲状腺ガン、仮置きのままの除染土、強いられる被曝労働が拡大しています。さらに、政府・電力会社は着々と原発再稼動を企てています。

しかし、私たちはあきらめません。原発をなくすまで! 原発いらない!原発再稼働反対!の声をいっしょに、大きく発信しましょう。

主催:脱原発信州ネットワーク・松本
◇参加団体、市民(順不同)
・被災地への祈りと原発なくてもええじゃないか
・「サラバ原発・変えよう暮らし方」の会
・長野県教職員組合 ・松本協立病院
・さよなら原発1000万人アクション・松本
・原発ゼロ・自然エネルギーへの転換を求める長野県連絡会
ほか多数

◇賛同する団体・市民を募集中!

連絡・問合わせ先: 0263‐33‐8154 (西村)  090‐4628‐8549 (水谷)

山本太郎トークライブ in松本 2015年2月1日(日)

終了いたしました。

日時 2015年2月1日(日)PM1:30
会場 長野県松本市 Mウイング 6Fホール
参加費 500円 高校生以下無料(定員350名)

チケット完売しました。

みなさま
山本太郎さんの話を聞きましょう
そして 質問しましょう。太郎さんは、国会内外で脱原発をめざし活躍中です。
現在、参議院内閣委員会に所属し、原発問題、被曝問題、子どもと放射能、TPP問題、労働問題、社会保障制度改革、表現の自由に関わる問題等に特に深く関わり活動中です。
また、ドイツの脱原発状況を視察して来ました。

プログラム概要
13:00 開場
13:30 開会(歌)
・山本太郎さん1stトーク
・Q&A(司会から)
14:40 休憩
14:50 太郎さんと参加者の
Q&A・ディスカッション
15:50 4年目の3・11行動の呼びかけ
(主催者)
16:00 閉会

ご予約はこちら

予約・問合わせ先:
090-4628-8549 水谷 0263-33-8154 西村

武本和幸さんと学ぶ脱原発③「原発ゼロで暮らしたい!ど​うして再稼働?」

終了しました

武本和幸さんと学ぶ脱原発③ 「原発ゼロで暮らしたい!どうして再稼働?」

松本市市民活動サポートセンター 2階 参加費 500円

松本市大手3-8-13 松本市役所大手事務所2F

5月5日北海道電力泊3号機が止まり、大飯原発、伊方原発が再稼働されなければ、原発は0になる予定です。電力は足りているのに、大多数の人がこのまま原発を止め続けてほしいとほしいと願っているのに、なぜ国は再稼働を急ぐのか。このまま原発ゼロで暮らすにはどうしたらいいか、柏崎刈羽原発反対同盟、原子力情報資料室理事、はんげんぱつ新聞編集委員の武本和幸さんと、考えてみましょう。

つながろうフクシマ!ひろげよう脱原発!9・28松本行動

終了しました

私たちはあきらめません! 原発なくすまで!

福島原発事故は収束したでしょうか。
メルトダウンした核燃料棒はどうなったのでしょうか。
高濃度汚染水の流出は止まるのでしょうか。
収束どころか放射能漏れは続いています。
空中に、地中に、海中に。

政府の言う「自宅に帰還可能」は正しいでしょうか。
住民や労働者の被爆は続いています。ホントに大丈夫でしょうか。
中央構造線・南海トラフがアブナイ!
四国電力伊方原発3号機(愛媛県)再稼働はアブナイ!

〝すべての原発再稼働と建設推進、原発輸出にNO ! 〟の声をあげ続けましょう。

9月定検停止の関電・大飯原発を廃炉に!

場所日時
松本駅前 ひろば集合
2013年9月28日(土)雨天決行
10:00~ 唄・演奏

☆楽器・メガホン・プラカード持参歓迎!

主催:脱原発信州ネットワーク・松本( 2012年3・11サラバ原発長野県大行進行動を起点とした、思想信条・支持政党等を問わない、団体や市民の集まりです。)

< 参加団体、市民 (抜粋・順不同)>
・「サラバ原発・変えよう暮らし方」の会
・原発なくてもええじゃないか
・原発のない未来をめざす会
・さようなら原発1000万人アクション松本
・原発ゼロ・自然エネルギーへの転換を求める
・長野県連絡会
・長野県民主医療機関連合会
・松本地区労連(長野県労連)
・松本地区労組会議(長野県労働組合会議)
・長野県教職員組合
・松本協立病院
・憲法9条を守り広げる松本地域連絡会
・松本地区母親大会連絡会
ほか多数

◇賛同する団体・市民を募集中!
連絡・問い合わせ先 :0263-33-8154(西村) 090-4628-8549(水谷)

小出裕章講演会

終了しました

3・11東北地方太平洋沖大地震による 福島第一原発事故から2年が経ちました。

メルトダウンした原子炉からは大気中や地下水・海水に放射能が漏れ続け、 使用済核燃料プールが崩壊する危険性、事故直後に大量に拡散したヨウ素131による 乳幼児と青少年への悪影響、事故処理作業に従事する労働者の高線量被曝などの 状況は、さらに深刻さを増しています。

信州・松本も、4ヶ所の原発に囲まれており、また東海・東南海・南海地震が活動期に 入っているとされることなどから他人事ではありません。この度、原子力と放射能について長年にわたり研究されている小出裕章さんを松本に迎え、未来を担う子どもたちのために、 今できることは何かを学ぶ講演会を開催します。
ご一緒に聴きましょう。

日程
2013年6月9日(日)
13:00〜16:30(開場12:30)

会場
長野県松本文化会館 中ホール (キッセイ文化ホール)
松本市水汲69-2
電話番号0263-34-7100

参加費
一般1,000円
大学生500円
高校生以下 無料


< 講師紹介 こいで ひろあき >
1949年東京都生まれ。72年東北大学工学部原子核工学科卒。74年同大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。74年から現職。研究分野は原子力工学、原子力安全、放射性物質の環境動態などで 「原子力をやめることに役に立つ研究」を行なっている。 著書に『放射能汚染の現実を超えて』『子どもたちに伝えたい 原発が許されない理由』 『原発ゼロ世界へ―ぜんぶなくす―』『原発と憲法9条』 『日本のエネルギー、これからどうすればいいの?』『この国は原発事故から何を学んだのか』 『今こそ“暗闇の思想”を―原発という絶望、松下竜一という希望』、 共著に『「最悪」の核施設 六ケ所村再処理工場』『原発再稼働の深い闇』 『原発事故後の日本を生きるということ 』など多数

 

広瀬隆講演会「原発と放射能ホントの話」

国・政府・電力会社が明らかにしない原発の真実
広瀬隆講演会「原発と放射能ホントの話」第二弾
2013年1月27日(日)13:00〜16:30(開場12時30分)
松本市中央公民館Mウイング6階ホールにて

主催 「サラバ原発・変えよう暮らし方」の会・原発のない未来をめざす会
後援 松本市・松本市教育委員会・信濃毎日新聞社・市民タイムス・中日新聞社・朝日新聞松本支局・毎日新聞松本支局

終了しました。

5・19脱原発カフェ 開催

終了しました

脱原発 カフェ” 開催のご案内

時・ところ : 2012年5月19日(土) 14:00~16:30 あがたの森 文化会館2-7 
主 催   : 原発のない未来をめざす会  (協力:平和の種をまく会)

参加費   : 無料 (予約不要)                                    
問合せ先 : 090-4628-8549(水谷)、0263-27-4020(村井)
内 容   : お茶を飲みながら、参加者同士が原発と放射能について、忌憚のない質問と意見を交換し合う場です。日頃、原発と放射能について不思議に思うこと、聞く相手や話す相手が周りに少ないために言いたいことが溜まっている方、ぶちまけてください。 
政治家が判断していいのか原発再稼働の安全性、麻薬と同じ原発マネーの恐ろしさ、活断層とその連動、地震大国日本とプレートテクトニクス理論、安心できない「政府の放射能安全基準」、安全神話による大事故と人災に対し反省もお詫びも言わない自民党、それと似たりよったりの野田民主党内閣などなど、いったいどうなっている? これからどうする? そして長野県は安全地帯?